STORY

変わりゆくトーキョー、“下北沢”。
ヴァンパイア・アクション、勃発。

5年前。吸血種の存在が世界に認められてから、それまで“日陰者”として生きてきた吸血種と、人間は“日常”をともにすることとなった。

強制的な、“愛と平和”。ゆえに生まれる“非日常”――軋轢と対立。変わりゆく東京というエリアで、吸血種が赦された、特定六区。

これは、そのなかで生きる、彼や彼女の物語。

PROFILE

原作/森橋ビンゴ

大学卒業後、カプコンに入社し、『デビル メイ クライ』シリーズの開発に携わる。2006年、カプコン退社。現在は小説家、ゲームシナリオライター、漫画原作者。株式会社ナインストーリーズ代表取締役。近著に、『東雲侑子は短編小説をあいしている』、『この恋と、その未来。』などがある。

作画/秋重 学

1992年、ビッグコミックスピリッツにてデビュー。東映より映画化された「フライ,ダディ,フライ」ほか金城一紀原作のコミカライズを続けて担当した。代表作はほかに「ソウル・リヴァイヴァー」(原作・構成・キャラクターデザイン:藤沢とおる)、「D-ASH」(原作・北沢未也)など。11月10日に『春機発動期』(駒草出版)が発売予定。