STORY

小さい頃から本気で
“仮面ライダー”になりたかった東島丹三郎(とうじま たんざぶろう)は、40歳になった今でもその夢を追い続けていた。

そんなある日、「ショッカー現る!」というニュースが報道される。

それはショッカー戦闘員のような覆面を被った、ただのチンピラによるコンビニ強盗事件。
マスコミが面白がって「ショッカー」と呼称しただけの偽物だと理解していても、東島の正義の心は燃えていた。

「俺のは“仮面ライダーごっこ”じゃないから」

こうして東島は“仮面ライダー”のお面を顔にまとい、偽物のショッカー事件を解決すべく戦う決意をする――。

『エアマスター』『ハチワンダイバー』の柴田ヨクサルが満を持して描く、誰も読んだことがない新感覚“仮面ライダー”コミック参上!!

PROFILE

柴田ヨクサル

1992年に「ヤングアニマル」にて『谷仮面』でデビュー。その後、同誌にて『エアマスター』を連載し、TVアニメ化される。同作完結後、「週刊ヤングジャンプ」にて『ハチワンダイバー』を連載。2008年版オトコ編「このマンガがすごい!」で1位を獲得し、同年にはTVドラマ化されている。 その他の代表作に『妖怪番長』、『プリマックス』(原作担当、作画:蒼木雅彦)など。現在、「コミックDAYS」にて『ブルーストライカー』を連載中。

協力/石森プロ 東映